睡眠サプリの成分って?

元々体内にあった成分やアミノ酸

睡眠の浅い人、不眠症だけど睡眠薬に頼りたくない人にぴったりといわれているのが睡眠サプリです。天然成分を豊富に使い、自然な形で睡眠が取れるように配慮されているのが特徴と言えます。睡眠薬よりも効果は弱いですが、元々体内にある成分だけでなく、体内に取り入れて問題ない成分を使っているところも特徴といえるでしょう。アミノ酸の一種であるグリシンは眠りを深くする効果が高いといわれており、取り入れて1週間もしないうちに効果を実感した人が多いといわれる成分です。元々体内にあるメラトニンは加齢とともに分泌量が少なくなるため、睡眠サプリで取り入れて適切な睡眠を心がける人も少なくありません。体内時計を調節する効果も高いといわれている成分です。

アミノ酸や体内時計に影響する成分もある

脳内で分泌される成分の中で、睡眠だけでなく多様な効果が期待できる成分として挙げられているのが、ギャバです。過剰な脳の働きを沈める成分で、飲むことによって眠くなりやすくなるのが特徴といえます。睡眠時間が毎日違う場合や、時差ぼけで眠れなくなった人の場合には、ビタミンB12を使用し、体内時計の機能を高めましょう。定期的にとり続けることで効果が高いといわれている成分のひとつが、トリプトファンです。睡眠に直結した成分ではありませんが、とることによって体内でセロトニンやメラトニンといった、睡眠の質を高める期待が高い成分に変化するため必要です。睡眠サプリというと危険性が高いように感じる人も、少なくありませんが、安全な成分が多いことがわかります。

© Copyright Get A Good Sleep. All Rights Reserved.