自分の身体に合う成分か見極めを!

種類によって効果が違うから

睡眠サプリには多様な種類が存在しているため、成分をよくみて買うことが、相性のよいものを見つけるポイントといわれています。特に大切なのは、サプリメントとしてどんな成分が入っているか、自分の体調や体質との相性がどうなのかです。成分によっては症状に合わないものもあるため、どんな成分が心地よい睡眠を約束してくれるのか確認し、相性のよいものを見つけましょう。一般的に販売されている睡眠サプリには、身体に危険性のあるものはありません。睡眠に対して効果が高いといわれている成分だけでなく、ビタミンや体内で元々精製されていた成分が多いため、副作用や体調不良はおきにくいです。ただし、体質や不足している成分と異なるサプリを飲んでいても、眠くなるかどうかは別問題となります。どんな成分で症状が出ているのか、サプリメントを複数チェックし、取り入れることが重要です。

不眠の症状別効果的といわれる成分

全体的な睡眠の悩みを解決するといわれているのが、メラトニンです。必須アミノ酸のトリプトファンを取り入れると体内でメラトニンに変化するため、どれが効果的なのかわからない人にお勧めできます。睡眠中に目覚めてしまい、寝つきが悪く、熟睡できない場合にはアミノ酸の一種、グリシンが不足している可能性があります。睡眠前の体温調節に役立つといわれ、飲むことでスムーズな睡眠導入につながるでしょう。寝る前にいらいらしがちな人には神経伝達系の興奮を鎮めるギャバが効果的です。睡眠前に脳が落ち着き、安心して眠ることができるといわれています。睡眠の質を改善したいならテアニン、寝不足で寝起きが悪いならノニが効果を発揮しやすいでしょう。

© Copyright Get A Good Sleep. All Rights Reserved.